現在の位置 : TOPページ談話会案内 > 2017年度

過去の談話会とスケジュール

2017年度

No

Date

Name

Title

1504 2017/8/23 但木 謙一
(国立天文台)
Bulge formation in the most massive galaxies at the peak of cosmic star formation history
1503 2017/8/21 林 将央
(国立天文台)
すばるとアルマによる輝線銀河探査
1502 2017/7/24 Anton Timur Jaelani
(東北大学天文学専攻)
Concentration-mass relation from intermediate-high redshift strong lensing galaxy groups
1501 2017/7/12 有松 亘
(国立天文台)
OASES プロジェクト: 『動画天文学』が切り拓く太陽系の新たな地平
1500 2017/7/10 熊本 淳
(東北大学天文学専攻)
星の年齢速度分散関係から探る天の川銀河進化史
1499 2017/7/3 Charles Steinhardt
(Niels Bohr Institute)
Is Hierarchical Merging Broken?
1498 2017/6/27 谷川 享行
(一関高専)
巨大ガス惑星周りにおける衛星系形成過程
1497 2017/6/21 小野 智弘
(京大宇物)
ロスビー波不安定性によって円盤上に形成される巨大渦の性質
1496 2017/6/19 村上 弘志
(東北学院大)
X線撮像分光観測で探る銀河系中心領域の活動
1495 2017/6/12 下西 隆
(東北大学天文学専攻)
低金属量環境における有機分子生成
1494 2017/6/5 李 宇ミン
(東北大学天文学専攻)
Stochastic Excitation of Low Frequency Modes in Rotating Massive Main Sequence Stars
1493 2017/5/29 秋山 正幸
(東北大学天文学専攻)
銀河形成と進化に迫る次世代補償光学
1492 2017/5/22 児玉 忠恭
(東北大学天文学専攻)
形成途上にある銀河・銀河団の研究のハイライトと将来展望
1491 2017/5/8 中森 健之
(山形大理)
宇宙ガンマ線観測による宇宙線の研究
1490 2017/4/24 小久保 充
(東北大学天文学専攻)
クェーサー降着円盤紫外可視域連続光放射の光度変動および偏光現象の研究
1489 2017/4/21 Tilman Hartwig
(Institut d'Astrophysique de Paris, France)
Galactic Archaeology: The second generation of stars and where to find them
1488 2017/4/17 田崎 亮
(東北大学天文学専攻)
微惑星形成理論の観測的検証に向けて
1487 2017/4/10 矢島 秀伸
(東北大学天文学専攻)
宇宙論的流体計算による初代銀河進化過程の研究
All Rights Reserved. Copyright (c) 2013 Tohoku University Astronomical Institute .