現在の位置 : TOPページ談話会案内2017年度 > 第1498回 天文学教室談話会

第1498回 天文学教室談話会

日時

2017年6月27日(火) 15:00

場所

合同C棟大輪講

講演者

谷川 享行(一関高専)

題目

巨大ガス惑星周りにおける衛星系形成過程

要旨


衛星系は、我々の太陽系においてガス惑星(木星・土星)・巨大氷惑星(天王星・海王星)の周りに普遍的に見られ、系外の巨大惑星周りにも存在していると考えられている。また力学的観点からも、衛星系は太陽系の中の階層が相似的に一段スケールの小さいの系として興味深い存在である。その相似的類似性より、形成過程についても太陽系形成と同様の形成過程が議論されてきた。一方で、衛星系形成は太陽系形成過程の中の1プロセスでもあり、その太陽系形成過程の理解が近年大きく進展したため、衛星系形成過程が進行する環境について大きく見直されてきており、より詳細な議論が行われつつある。そこで本講演では、衛星系形成過程について提案されているシナリオについて概説し、近年提唱されているモデルまで紹介する予定である。

ご注意

  • 今後の予定は、都合により、やむを得ず変更される場合がございます。その場合には、このページおよび掲示にておしらせいたしますが、変更の反映まで時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • 談話会についてのご相談、またはこのPageに関するご意見・ご質問等は下記連絡先までお願いします。
  • 当談話会ではいつでも講演者を募集しております。その際には発表タイトル、連絡先を、二週間前までにお送りくださいますようお願いいたします。

【The Colloquium Committee in 2017】
Kenji Toma (toma<at>astr.tohoku.ac.jp)
   <at>-->@

All Rights Reserved. Copyright (c) 2011 Tohoku University Astronomical Institute .