現在の位置 : TOPページ談話会案内2016年度 > 第1484回 天文学教室談話会

第1484回 天文学教室談話会

日時

2016年1月16日(月) 15:00

場所

合同C棟大輪講

講演者

松本 達矢

題目

Detectability of Galactic Isolated Black Holes

要旨


我々の銀河系内には、ブラックホール(BH)候補天体がおよそ20天体ほどX線連星として観測されている。一方、理論的には銀河系内には約10^8個のBHの存在が予言されており、これらのほとんどは現在まで我々の観測を逃れている。我々は特に銀河系内に単独で存在するBHに注目し、その観測可能性を調べた。単独BHの場合、BHは星間物質の降着により周囲に円盤を形成して輝くと考えられる。形成される円盤は降着率が低いため、いわゆる標準降着円盤とならず、光学的に薄い移流冷却優勢の円盤となる。我々はこの移流優勢円盤からのX線を評価した。そして、銀河系内に存在する様々な星間物質の相などを考慮し、単独BHのX線光度函数を計算した。本発表ではこの計算結果を述べ、観測が期待されるBHの個数、また他天体との識別方法などについて議論する。

ご注意

  • 今後の予定は、都合により、やむを得ず変更される場合がございます。その場合には、このページおよび掲示にておしらせいたしますが、変更の反映まで時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • 談話会についてのご相談、またはこのPageに関するご意見・ご質問等は下記連絡先までお願いします。
  • 当談話会ではいつでも講演者を募集しております。その際には発表タイトル、連絡先を、二週間前までにお送りくださいますようお願いいたします。

【The Colloquium Committee in 2016】
Kenji Toma (toma<at>astr.tohoku.ac.jp)
   <at>-->@

All Rights Reserved. Copyright (c) 2011 Tohoku University Astronomical Institute .