現在の位置 : TOPページ談話会案内2016年度 > 第1483回 天文学教室談話会

第1483回 天文学教室談話会

日時

2016年1月16日(月) 13:00

場所

合同C棟大輪講

講演者

高橋 亘

題目

電子捕獲型超新星爆発について

要旨


初期質量が 9-10 太陽質量の恒星は、特異的な進化の末に最も軽い重力崩壊型超新星である「電子捕獲型超新星爆発」を起こすと考えられている。予想されるエネルギーの小ささや特異な化学組成から、星間ガスに囲まれた超新星爆発である SN 2008S や有名なカニ星雲を生んだ超新星などが、電子捕獲型の候補天体として議論されている。一方で、その理論的な理解は十分でない。1980年代に提唱された基本的な描像に対して、さまざまな進化過程が影響しうることがわかってきた。本講演では、電子捕獲型超新星に関する最近の議論をまとめてお伝えする。加えて、我々の行っている電子捕獲型超新星の爆発計算についても簡単に議論したい。

ご注意

  • 今後の予定は、都合により、やむを得ず変更される場合がございます。その場合には、このページおよび掲示にておしらせいたしますが、変更の反映まで時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • 談話会についてのご相談、またはこのPageに関するご意見・ご質問等は下記連絡先までお願いします。
  • 当談話会ではいつでも講演者を募集しております。その際には発表タイトル、連絡先を、二週間前までにお送りくださいますようお願いいたします。

【The Colloquium Committee in 2016】
Kenji Toma (toma<at>astr.tohoku.ac.jp)
   <at>-->@

All Rights Reserved. Copyright (c) 2011 Tohoku University Astronomical Institute .