現在の位置 : TOPページ談話会案内2016年度 > 第1473回 天文学教室談話会

第1473回 天文学教室談話会

日時

2016年11月7日(月) 15:30

場所

合同C棟大輪講

講演者

山門 峻

題目

ガリレオ衛星食を用いた木星上層大気の解析及び系外惑星大気分光観測への応用

要旨


近年、観測技術が向上し、太陽系外惑星が多数発見されているだけでなく、その惑星自体の大きさや大気の組成に関しても観測が進んでいる。系外惑星の大気について、トランジット観測を用いて、主星光が惑星大気を通過した透過光を見る手法が有効であるが、現在までに分光観測を行った例はまだ少なく、測光観測が主である。そこで今回我々は、将来、系外惑星のトランジット分光観測による透過スペクトルの観測を目標として、類似点のあるガリレオ衛星食で近赤外分光観測を行った。通常、木星は反射光しか観測することができないが、衛星食を観測することで木星大気の透過光を地球から観測することができる。本観測には東広島天文台の 1.5m かなた望遠鏡を用い、装置にはHONIRを使用した。結果として、計 3 回の衛星食を観測することができ、解析の結果、木星大気中のメタンを検出することができた。この様な、木星の透過光を観測した例はほとんどなく、合わせて木星上層大気の構造についても示唆を与えることが出来るのではないかと考えられる。本発表では、解析の結果見えてきた木星の上層大気の構造や、今後の系外惑星への応用について議論する。

ご注意

  • 今後の予定は、都合により、やむを得ず変更される場合がございます。その場合には、このページおよび掲示にておしらせいたしますが、変更の反映まで時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • 談話会についてのご相談、またはこのPageに関するご意見・ご質問等は下記連絡先までお願いします。
  • 当談話会ではいつでも講演者を募集しております。その際には発表タイトル、連絡先を、二週間前までにお送りくださいますようお願いいたします。

【The Colloquium Committee in 2016】
Kenji Toma (toma<at>astr.tohoku.ac.jp)
   <at>-->@

All Rights Reserved. Copyright (c) 2011 Tohoku University Astronomical Institute .