現在の位置 : TOPページ談話会案内2015年度 > 第1432回 天文学教室談話会

第1432回 天文学教室談話会

日時

2015年11月9日(月) 15:00

場所

合同C棟大輪講室

講演者

高田 大樹(東北大学天文学専攻)

題目

次世代超大型望遠鏡の広視野補償光学系の光学設計

要旨


TMTの建設が始まり、それを用いた宇宙の再電離期の観測的な解明に期待が高まって いる。しかし、TMTを用いても再電離期の天体を観測することは依然として難しく、 多数の天体を統計的に観測するには広視野かつ高感度な装置が要求される。星像を小 さくすることができる補償光学は背景光を抑え、高感度な観測を実現する。そこでTM Tで10分角という広視野を可能とする地表層補償光学(Ground Layer Adaptive Optics , GLAO)装置を実現することを提案する。TMTで広視野補償光学を実現するには、装置 の巨大化を抑え、瞳収差の小さい光学系が必要である。私はTMTにGLAOを実現するた めの光学設計を進めており、本発表ではその設計の途中経過について発表を行う。

ご注意

  • 今後の予定は、都合により、やむを得ず変更される場合がございます。その場合には、このページおよび掲示にておしらせいたしますが、変更の反映まで時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • 談話会についてのご相談、またはこのPageに関するご意見・ご質問等は下記連絡先までお願いします。
  • 当談話会ではいつでも講演者を募集しております。その際には発表タイトル、連絡先を、二週間前までにお送りくださいますようお願いいたします。

【The Colloquium Committee in 2015】
Kenji Toma (toma<at>astr.tohoku.ac.jp)
Yurina Mizuno
Kohei Miyazawa
   <at>-->@

All Rights Reserved. Copyright (c) 2011 Tohoku University Astronomical Institute .