現在の位置 : TOPページ談話会案内2015年度 > 第1412回 天文学教室談話会

第1412回 天文学教室談話会

日時

2015年5月18日(月) 15:00

場所

合同C棟N507

講演者

浅井 秀貴 (東北大学天文学専攻)

題目

強い磁場を持つ星の振動と安定性の解析

要旨


強磁場中性子星のマグネターと考えられている天体の一つであるSGR(Soft Gamma-ray Repeater)ではgiant flareと呼ばれる高エネルギー現象が観測されることがある。giant flareのX線スペクトルからはQPO (Quasi Periodic Oscillation)が検出されている。この準周期振動は中性子星の振動によるものであると考えられており、マグネター星震学によって内部構造を調べることができる可能性がでてきた。マグネターは非常に強い磁場をもっているため、振動を解析するためには磁場の効果を考慮して計算する必要がある。磁場星の振動は良く分かっていないことも多いため、様々なモデルで計算して詳細を調べる必要がある。今回は、トロイダル磁場を持つ星について非軸対称な摂動を仮定して振動を解析した結果と現在計算中のポロイダル磁場を持つ星について非軸対称摂動を仮定して振動を計算した結果について紹介する。

ご注意

  • 今後の予定は、都合により、やむを得ず変更される場合がございます。その場合には、このページおよび掲示にておしらせいたしますが、変更の反映まで時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • 談話会についてのご相談、またはこのPageに関するご意見・ご質問等は下記連絡先までお願いします。
  • 当談話会ではいつでも講演者を募集しております。その際には発表タイトル、連絡先を、二週間前までにお送りくださいますようお願いいたします。

【The Colloquium Committee in 2015】
Kenji Toma (toma<at>astr.tohoku.ac.jp)
Yurina Mizuno
Kohei Miyazawa
   <at>-->@

All Rights Reserved. Copyright (c) 2011 Tohoku University Astronomical Institute .