現在の位置 : TOPページ談話会案内2014年度 > 第1402回 天文学教室談話会

第1402回 天文学教室談話会

日時

2014年12月8日(月) 14:30

場所

合同C棟N507

講演者

遠野 恭平(東北大天文)

題目

棒渦巻銀河におけるGas dynamicsと星形成の関係

要旨


銀河衝撃波理論によると、銀河内に存在する星間ガスは、barやspiral armを 通過する際、各構造のポテンシャルに落ち込むことで衝撃波を起こす。そして、ガス が衝撃波を通過する際の急激な圧縮により星形成が生じる。この星形成プロセスを用 いるとbarとspiral領域では同様の星形成が見られると予想できる。  しかし、Momose et al. (2013)の観測結果より、barとspiral armではほぼ同量の 星間ガスが存在する一方で、星形成効率はspiral領域の方が高くなる事が明らかになっ た。このことから、各領域では上述のシナリオだけでは説明できない星形成プロセス が生じている事が考えられるが、その詳細については未だに明らかになっていない。 そこで、本研究では、2つの領域における星形成効率が異なる原因を明らかにする。 星形成に影響を与える要因としては様々なものが挙げられるが、本研究ではbarやspi ral armのポテンシャル場が星間ガスに及ぼす力学的な影響に着目する。他の物理過 程による影響を極力少なくするために、自己重力なし、isothermalというシンプルな 仮定の下で流体シミュレーションを行った。そして、各領域におけるガスの振る舞い、 特にガスの速度場の違いについて詳しく解析し、それらが星形成に与える影響につい て調べた。  今回の発表では、現在得られているシミュレーション結果と、今後の解析について 報告する。

ご注意

  • 今後の予定は、都合により、やむを得ず変更される場合がございます。その場合には、このページおよび掲示にておしらせいたしますが、変更の反映まで時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • 談話会についてのご相談、またはこのPageに関するご意見・ご質問等は下記連絡先までお願いします。
  • 当談話会ではいつでも講演者を募集しております。その際には発表タイトル、連絡先を、二週間前までにお送りくださいますようお願いいたします。

【The Colloquium Committee in 2014】
Shijun Yoshida (yoshida<at>astr.tohoku.ac.jp)
Kimihiro Yamazaki (k.yamazaki<at>astr.tohoku.ac.jp)
Yusuke Okayasu (y.okayasu<at>astr.tohoku.ac.jp)
   <at>-->@

All Rights Reserved. Copyright (c) 2011 Tohoku University Astronomical Institute .