現在の位置 : TOPページ談話会案内2014年度 > 第1394回 天文学教室談話会

第1393回 天文学教室談話会

日時

2014年10月20日(月) 15:00

場所

大輪講室

講演者

小幡 朋和(東北大天文)

題目

南極2.5m望遠鏡用三色赤外線カメラの光学設計

要旨


南極ドームふじ基地は極低気温、高大気透過率により赤外線とTHz観測に有利な環境 を持つ。またOkita et al.(2013)で報告されたように、0.2"という地球上で最良のシー イングが確認されている。本研究では南極環境を生かす口径2.5m赤外線望遠鏡の第一 期観測装置「三色赤外線カメラ」の光学設計を行っている。本装置の分解能0.221"を もって、シーイングに左右されない高分解能観測が可能になる。また、観測天体の一 つとしてSubmilliMeter Galaxies(SMGs)を紹介する。SMGsはnegative k effectによ り観測が用意であり、近年活発な観測が行われている天体の一つである。近赤外線の 高分解能、広視野観測によって、SMGsのmorphologiesやgas fractionについて明らか になることが期待される。今回の発表では、SMGsの簡易レビューと光学設計の進捗状 況及びoff-axial光学系理論について報告する。

ご注意

  • 今後の予定は、都合により、やむを得ず変更される場合がございます。その場合には、このページおよび掲示にておしらせいたしますが、変更の反映まで時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • 談話会についてのご相談、またはこのPageに関するご意見・ご質問等は下記連絡先までお願いします。
  • 当談話会ではいつでも講演者を募集しております。その際には発表タイトル、連絡先を、二週間前までにお送りくださいますようお願いいたします。

【The Colloquium Committee in 2014】
Shijun Yoshida (yoshida<at>astr.tohoku.ac.jp)
Kimihiro Yamazaki (k.yamazaki<at>astr.tohoku.ac.jp)
Yusuke Okayasu (y.okayasu<at>astr.tohoku.ac.jp)
   <at>-->@

All Rights Reserved. Copyright (c) 2011 Tohoku University Astronomical Institute .