現在の位置 : TOPページ談話会案内2014年度 > 第1383回 天文学教室談話会

第1384回 天文学教室談話会

日時

2014年5月19日(月) 15:00

場所

大輪講室

講演者

古屋 玲(徳島大学全学共通教育センター)

題目

乱流で支えられたフィラメント状分子雲で形成された暴走的に収縮する分子雲コアおよび「原始的分子雲コア」の発見

要旨

 星形成の舞台である分子雲コアの形成過程を探るには、星を生む 原材料物質である高密度ガスの物理状態を知るだけではなく、その 周囲の希薄ガスの速度構造と密度構造も明らかにする必要がある。 分子雲コアの成因を知ることは、分子雲コアが重力収縮する際の 初期条件を明らかにすることと言い換えてもよい。本講演では、 乱流で支えられたフィラメント状分子雲において局所的に乱流が 自由落下時間程度で散逸した結果、(i) 重力的に不安定なコアが 形成され、それが(ii)コアの暴走的な収縮を引き起こし、原始星が 形成されている領域の観測結果を報告する。さらに、今回の観測が 偶然見つけた「原始的分子雲コア」(protocore)についても紹介する。
To study physical properties of the natal filament gas around the cloud core harboring an exceptially young low-mass protostar GF9-2, we carried out COline observations using the Nobeyama 45m telescope. Our 13Co and C180 maps clearly demonstrate that the core formed at the local density maxima of the filament, and the internal motions of the filament gas are an isothermal cylinder modelm , we estimated the scale height of the filament to be 0.61±0.01 pc, yielding the central density of (1.0±0.48)×103 cm -3. The model analysis shows that the filament is supporsed by turbulent pressure against the gravitational collapse . Since both the dissipation time scale of the turbulence and the free-fall time of the filament gas are comparable to 1×106 years, we conclude that the local decay of the supersonic turbulence made the filament gas unstable, hence making the core collapse. Furthermore, we newly detected a gas condensation with velocity width enhancement. The condensation has a radius of ?0.15pc and an LTE mass of ?5 M?. Its internal motions is turbulent with Mach number of ?3,indicating a gravitaionally bound state. The condensation is highly likely a precursor of physicala cloud core, which would be produced by collision of two gas components in the filament.

ご注意

  • 今後の予定は、都合により、やむを得ず変更される場合がございます。その場合には、このページおよび掲示にておしらせいたしますが、変更の反映まで時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • 談話会についてのご相談、またはこのPageに関するご意見・ご質問等は下記連絡先までお願いします。
  • 当談話会ではいつでも講演者を募集しております。その際には発表タイトル、連絡先を、二週間前までにお送りくださいますようお願いいたします。

【The Colloquium Committee in 2013】
Shijun Yoshida (yoshida<at>astr.tohoku.ac.jp)
Takahiro Masuda (takahiro.masuda<at>astr.tohoku.ac.jp)
Mihoko Kato (m.kato<at>astr.tohoku.ac.jp)
   <at>-->@

All Rights Reserved. Copyright (c) 2011 Tohoku University Astronomical Institute .