現在の位置 : TOPページ談話会案内2013年度 > 第1373回 天文学教室談話会

第1373回 天文学教室談話会

日時

2013年10月28日(月) 15:00

場所

大輪講室

講演者

増田 貴大(東北大 天文学専攻)

題目

z=1-2 での大質量銀河内部の星形成率および星質量増加

要旨

 z~2の宇宙における星形成率密度は現在の宇宙に比べ一桁ほど高く、また 個々の星形成銀河を見るとその多くはmassiveでdisk-likeな形態を持って いたことが分かっている。しかし、このような銀河の星形成活動を 数kpcスケールで調べた研究はまだ少なく、この時代の星形成活動が 銀河内部のどのような領域で起きていたのかを調べることは銀河の進化を 調べる上で重要である。  本研究では、HSTによるCANDELS計画で得られたz=0.8-1.8の比較的 massiveな銀河(M*>3x10^10Msolar)をサンプルとし、HSTの計8-bandの 画像を用いて銀河のピクセルごとにSED fittingをすることで、bestfit値による 各物理量(星質量、年齢、E(B-V)、星形成率など)のmapを作成した。次に そのmapを中心から3kpcより内側と外側に分け、各領域の星質量密度変化および 星形成率密度を調べた。その結果、今考えている銀河では星質量密度の増加に 対して星形成率密度は低く、また領域ごとにその傾向の違いが見られた。 発表では解析手法を中心に話し、現在進めているデータ解析についても 時間があれば触れる。

ご注意

  • 今後の予定は、都合により、やむを得ず変更される場合がございます。その場合には、このページおよび掲示にておしらせいたしますが、変更の反映まで時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • 談話会についてのご相談、またはこのPageに関するご意見・ご質問等は下記連絡先までお願いします。
  • 当談話会ではいつでも講演者を募集しております。その際には発表タイトル、連絡先を、二週間前までにお送りくださいますようお願いいたします。

【The Colloquium Committee in 2013】
Shijun Yoshida (yoshida<at>astr.tohoku.ac.jp)
Takahiro Masuda (takahiro.masuda<at>astr.tohoku.ac.jp)
Mihoko Kato (m.kato<at>astr.tohoku.ac.jp)
   <at>-->@

All Rights Reserved. Copyright (c) 2011 Tohoku University Astronomical Institute .