現在の位置 : TOPページ談話会案内 > 2012年度

過去の談話会とスケジュール

2012年度

No

Date

Name

Title

1354 2013/2/19 Prof. Marcin Sawicki
(Astronomy and Physics, Saint Mary's University and Astronomical Institute, Tohoku University)
Galaxies at Cosmic High Noon
1353 2013/1/29 水野 陽介
(台湾國立清華大學)
相対論的ジェットにおけるキンク不安定性の影響
1352 2012/12/17 服部 誠
(東北大天文)
On the new aspects found in the Galactic central region: if the wind blows the bucket makers prosper
1351 2012/12/10 Michael Famiano
(West Michigan University)
Constraints on Astrophysical Nucleosynthesis with Radioactive Ion Beams
1350 2012/12/03 Prof. C. Simon Jeffery
(Armagh Observatory)
Heavy Metal -- Clues to the physics of diffusion in hot subdwarfs
1349 2012/11/28 井田茂
(東京工業大学 教授)
系外惑星と惑星形成理論
1348 2012/11/12 本間 英智
(東北大天文)
モデルが与える矮小銀河の化学進化の制限について
1347 2012/11/05 本田 和志
(東北大天文)
中間赤方偏移の大光度赤外線円盤銀河における星形成領域の研究
1346 2012/11/05 藤木 和城
(東北大天文)
背景磁場と温度勾配がある銀河プラズマ中から生じる磁場の銀河乱流磁場起源可能性の模索と応用
1345 2012/10/29 藤井 慎人
(東北大天文)
FMOSの近赤外分光データを用いたCompton-thick AGNの探査
1344 2012/10/29 藤井 淳
(東北大天文)
HiCIAO/AO188 2ch SDI+ADIモードを用いた直接撮像法によるεEridaniの惑星検出と惑星物理量への制限
1343 2012/10/22 古川 俊久
(東北大天文)
恒星ストリームを用いた銀河の重力ポテンシャルの研究
1342 2012/10/22 大野 良人
(東北大天文)
広視野多天体補償光学のための波面推定システムの開発と検証
1341 2012/10/15 足利 崇貴
(東北大天文)
南極近赤外線カメラ(AIR-C)の電気系の開発
1340 2012/10/15 浅井 秀貴
(東北大天文)
強い磁場を持った中性子星の固有振動
1339 2012/10/01 藤尾 和也
(東北大天文)
ループ量子宇宙論におけるビアンキタイプI時空の解空間について
1338 2012/09/12 海老沢 研
(JAXA 宇宙科学研究所 教授)
X線スペクトル観測によるブラックホールパラメーターの推定
1337 2012/08/27 Yuichi Matsuda
(NAOJ)
The Circum-galactic Medium at Galaxy Formation Epoch
1336 2012/08/06 Mr. Mohammad Akhlaghi
(Astronomical Inst., Tohoku U.)
Study of significant size growth of quiescent galaxies based on flux ratio analysis
1335 2012/07/09 岡村 雅普
(東北大学 天文学専攻)
Next-to-leading resummation of cosmological perturbations via the Lagrangian picture
1334 2012/06/18 内潟 那美
(東北大学大学院天文学専攻)
電荷をもつAdSブラックホールの準固有振動
1333 2012/06/11 杉山 尚徳
(東北大学大学院 天文学専攻)
Consistency Relation for Multi Field Inflation Models
1332 2012/06/04 John Silverman
(Kavli IPMU, Univeristy of Tokyo)
Growth of supermassive black holes and their environments
1331 2012/05/28 Mr. Mohammad Akhlaghi
(Astronomical Inst., Tohoku U.)
Significant size evolution of massive quiescent galaxies in MODS
1330 2012/05/21 市川 隆
(東北大学 天文学専攻)
A universal stellar-mass and size relation of galaxies
1329 2012/05/07 野田 博文
(東京大学 天文学専攻)
X線観測で明らかにするAGNセントラルエンジンの新描像
1328 2012/04/23 Dr. Chris Packham
(University of Florida)
IR Observations of AGN: Characterizing the Torus
All Rights Reserved. Copyright (c) 2012 Tohoku University Astronomical Institute .