現在の位置 : TOPページ談話会案内2012年度 > 第1328回 天文学教室談話会

第1328回 天文学教室談話会

日時

2012年4月23日(月) 15:00 pm

場所

大輪講室

講演者

Dr. Chris Packham(University of Florida)

題目

IR Observations of AGN: Characterizing the Torus

要旨

The last decade of AGN observations has driven our understanding of the torus size, morphology, and structure to evolve from a large, homogeneous ‘doughnut’ to a compact and clumpy structure intimately linked to the accretion disc. I review the evidence that has driven my collaborators and I to reach this conclusion, and present tentative new results that show that the torus may show subtle differences between AGN types. I also present early results from polarimetry that permits measurement of the magnetic field in the torus.

ご注意

  • 今後の予定は、都合により、やむを得ず変更される場合がございます。その場合には、このページおよび掲示にておしらせいたしますが、変更の反映まで時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • 談話会についてのご相談、またはこのPageに関するご意見・ご質問等は下記連絡先までお願いします。
  • 当談話会ではいつでも講演者を募集しております。その際には発表タイトル、連絡先を、二週間前までにお送りくださいますようお願いいたします。

【The Colloquium Committee in 2012】
Shijun Yoshida (yoshida<at>astr.tohoku.ac.jp)
Masaki Takayama (m.takayama<at>astr.tohoku.ac.jp)
Hidetomo Honma (hide<at>astr.tohoku.ac.jp)
   <at>-->@

All Rights Reserved. Copyright (c) 2011 Tohoku University Astronomical Institute .