現在の位置 : TOPページ談話会案内2011年度 > 第1325回 天文学教室談話会

第1325回 天文学教室談話会

日時

2011年12月12日(月) 15:00 pm

場所

大輪講室

講演者

松永 典之(東京大学木曽観測所)

題目

セファイド変光星で探る銀河系中心の星形成と進化

要旨

銀河系中心は、非常に多くの星・星間物質やブラックホール、強い磁場などが混 在する複雑で興味深い領域である。系外で見つかっている活動銀河核と比較する と現在の活動性がずっと低いとはいえ、銀河の中心部で起こる多様な物理現象を もっとも詳細に調べることのできる貴重な観測対象である。銀河系中心から 200pc程度の領域(Nuclear Bulge)では数Myrの年齢をもつ大きな星団が見つかっ ており、今も星形成が起こっていると考えられている。我々は、恒星進化理論か ら年齢のわかるセファイド変光星の探査を行った。IRSF望遠鏡およびSIRIUSカメ ラを用いて、2001年から2008年の間にを行った近赤外線反復観測の結果、セファ イド変光星を3個発見することに成功した。それらの周期はいずれも20日程度 で、約25Myrの年齢を持つことが分かる。今から25Myr前にNuclear Bulgeで星形 成が起こっていたことを示す初めての証拠である。一方、周期5-19日(30-70Myr の年齢に対応)のセファイド変光星は見つからなかった。このことは、数十Myrご とにNuclear Bulge中での星形成率が変化することを示唆しており、銀河系中心 領域での星間 物質の供給・消費などについて重要なヒントを与えるものと期待 される。 参考文献:Matsunaga et al. 2011, Nature 477, 188

ご注意

  • 今後の予定は、都合により、やむを得ず変更される場合がございます。その場合には、このページおよび掲示にておしらせいたしますが、変更の反映まで時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • 談話会についてのご相談、またはこのPageに関するご意見・ご質問等は下記連絡先までお願いします。
  • 当談話会ではいつでも講演者を募集しております。その際には発表タイトル、連絡先を、二週間前までにお送りくださいますようお願いいたします。

【The Colloquium Committee in 2011】
 Risa Kuroshima kuro<at>astr.tohoku.ac.jp    <at>-->@

All Rights Reserved. Copyright (c) 2011 Tohoku University Astronomical Institute .