現在の位置 : TOPページ談話会案内2011年度 > 第1317回 天文学教室談話会

第1317回 天文学教室談話会

日時

2011年10月31日(月) 15:00pm

場所

大輪講室

講演者

中村 翔(東北大天文)

題目

Large-Scale Galactic Magnetic Field Modelling by MHD Simulation.

要旨

渦巻き銀河では銀河の腕に沿って磁場が存在していることが、観測により確認されて いる。そしてMRI(Magneto-Rotational Instability)による磁場の増幅とParker Inst abilityによる磁場のhaloへの浮上により、2Gyr以上もの間磁場の大きさが維持され 続けることが Nishikori et al.(2006)で確認された。 しかし、この論文では軸対称なポテンシャル中での円盤構造の時間発展を解いている ため、渦巻銀河の磁場構造を再現するまでには至っていない。 私は銀河の腕によって形成される非軸対称なポテンシャルも含めたMHD simulationを 行うことで、渦巻き銀河における磁場構造がどのような進化を遂げるのかを検証した いと考えており、そのためのcode開発を進めている。 今回は私が開発したcodeの物理計算原理と、そのcodeの信頼性をtestした結果につい て報告する。

ご注意

  • 今後の予定は、都合により、やむを得ず変更される場合がございます。その場合には、このページおよび掲示にておしらせいたしますが、変更の反映まで時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • 談話会についてのご相談、またはこのPageに関するご意見・ご質問等は下記連絡先までお願いします。
  • 当談話会ではいつでも講演者を募集しております。その際には発表タイトル、連絡先を、二週間前までにお送りくださいますようお願いいたします。

【The Colloquium Committee in 2011】
 Risa Kuroshima kuro<at>astr.tohoku.ac.jp    <at>-->@

All Rights Reserved. Copyright (c) 2011 Tohoku University Astronomical Institute .