現在の位置 : TOPページ談話会案内2011年度 > 第1310回 天文学教室談話会

\

第1310回 天文学教室談話会

日時

2011年10月03日(月) 15:00pm

場所

大輪講室

講演者

高山 正輝 (東北大学 天文)

題目

脈動変光星OSARGの質量推定

要旨

近年OGLEによって多くのred giant variablesが 見つかって来た。さらに変光周期の解析からred giant variablesには 既存の変光星である、Mira型変光星のほかにOSARG(OGLE Small Amplitude Red Giants)と 呼ばれる別の種類の変光星が存在することがわかって来た。 OSARGはRGB星のOSARGとAGB星のOSARGという2種類が存在し、OSARGの 周期光度関係はRGB、AGB合わせて7本(RGB3本、AGB4本)見つかっている。 先攻研究では周期光度関係をMira型変光星の星のモデルを用いて 再現する試みがなされたが、観測結果を説明するにはいたらなかった。 そこで発表者は、OSARGはMira型とは質量および進化段階が異なる星 と考え、さまざまな質量の星の脈動計算を行うことでOSARGの質量を 明らかにするとともに、周期光度関係のそれぞれが対応する脈動モードの 同定を目的に修士論文のための研究を進めて来た。 本発表(修論中間発表)では研究の過程で明らかとなって来たRGB OSARGの 質量と脈動モードについて議論し、今後の研究方針等を示す。

ご注意

  • 今後の予定は、都合により、やむを得ず変更される場合がございます。その場合には、このページおよび掲示にておしらせいたしますが、変更の反映まで時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • 談話会についてのご相談、またはこのPageに関するご意見・ご質問等は下記連絡先までお願いします。
  • 当談話会ではいつでも講演者を募集しております。その際には発表タイトル、連絡先を、二週間前までにお送りくださいますようお願いいたします。

【The Colloquium Committee in 2011】
 Risa Kuroshima kuro<at>astr.tohoku.ac.jp    <at>-->@

All Rights Reserved. Copyright (c) 2011 Tohoku University Astronomical Institute .