現在の位置 : TOPページ談話会案内2010年度 > 第1288回 天文学教室談話会

第1288回 天文学教室談話会

日時

2010年6月7日(月) 15:00 pm

場所

大輪講室

講演者

伊藤 裕貴(東北大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻)

題目

AGNコクーンを包むシェルからの非熱的放射

要旨

活動銀河核(AGN)からの相対論的ジェットは、周辺の星間物質と衝突することにより 大規模な衝撃波を周辺物質に伝播させ、衝撃波を通過した物質は薄いシェルをコクー ンの周囲に形成する。シェルは、高いマッハ数で伝播する衝撃波を通過したプラズマ で構成されているため、超新星残骸などと同様に普遍的に粒子加速が伴うことが予想 される。しかし、シェルからの非熱的な放射はほとんど調べられておらず、明らかに されていない部分が多い。 そこで本研究では、シェルを一次元のone-zoneモデルで記述することにより、シェル 内の加速電子からの放射を様々なサイズの天体の場合について評価した。放射機構と してはシンクロトロン放射及び逆コンプトン放射を考慮し、逆コンプトンの種光子と しては降着円盤、ダストトーラス、母銀河、電波ローブ、CMBからの放射を扱った。 結果、サイズの小さい天体($\lesssim$30kpc)に関しては逆コンプトンが明るく、サ イズの大きい天体($\gtrsim$30kpc)に関してはシンクロトロン放射が明るくなること が分かった。本セミナーではこれらの放射の観測可能性についても述べる。

ご注意

  • 今後の予定は、都合により、やむを得ず変更される場合がございます。その場合には、このページおよび掲示にておしらせいたしますが、変更の反映まで時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • 談話会についてのご相談、またはこのPageに関するご意見・ご質問等は下記連絡先までお願いします。
  • 当談話会ではいつでも講演者を募集しております。その際には発表タイトル、連絡先を、二週間前までにお送りくださいますようお願いいたします。

【The Colloquium Committee in 2009】
 Naonori SUGIYAMA sugiyama<at>astr.tohoku.ac.jp     <at>-->@
 Atsushi KITAZUME kitazume<at>astr.tohoku.ac.jp     <at>-->@

All Rights Reserved. Copyright (c) 2010 Tohoku University Astronomical Institute .